週末のプールが生活の中で支えになっていた

いつも通っているジムのプールが、設備更新のため3ヶ月ほど使えなくなるそうです。

週末に予定がなければ、ほぼ毎週と言っていいほどプールを使っていたので、しばらく使えないというのはちょっと寂しい気もします。

他にも公営の屋内プールがあるので、そこに行くこともできるし、ジムでプール以外の設備を使うこともできます。

でも、プールが使えなくなって、自分がこんなにプールを楽しみにしていたんだなということに気が付きました。

毎週末プールに行くだとか、いつも決まったタイミングで何かをするということは、意外に生活にハリを作り出すのかもしれません。

お年寄りになっても、毎日散歩をして近所の人と会話したり、決まったルーティンがある人は呆けにくいと聞きます。

呆け防止でジムのプールに行っているわけではありませんが、行くことによって、バランスを取っていた部分があるのでしょう。

さて、プールが使えない間、何をしようかといま考えています。ロスミン リペアクリーム Amazon